藤掛病院 | 医療法人 馨仁会

〒509-0214 岐阜県可児市広見876
Tel 0574-62-0030(代表) Fax 0574-63-6750

下肢静脈瘤治療

当院では下肢静脈瘤の治療を行っております

足の血管(静脈)がコブのようにふくらんだ状態です。

 

  • こんな症状で困っていませんか?
    • 足がむくむ、だるい
    • 足がつる、こむら返り
    • 足の色素沈着があって、かゆい
    • 足に潰瘍ができる

 

  • どうして静脈瘤はできるのか?
    • 血液の逆流をふせぐ静脈弁がこわれてしまい、つま先に向かって血液が逆流してしまうため、静脈が拡張し、さらには曲がりくねった状態になって生じます。
    • どの血管の、どの静脈弁がこわれているのか? どのようにして静脈瘤ができているのか? これらについては、超音波検査で調べることが可能です。

 

  • どうやって治すのか?
    • 軽症の場合には、生活習慣の改善や弾性ストッキングを用いて症状の改善と病気の進行を予防します。
    • 症状が強い場合には、血管内治療を行います。
      • 当院では、光ファイバーを用いて静脈を内側からレーザーで焼いてふさいでしまうレーザー治療を行っております。
      • この治療は、保険適用です。
      • 基本的には日帰り治療ですが、「短期滞在手術」も可能です。
      • 症例によっては、静脈瘤切除術を合わせて行います。
      • 血管内治療の適応ではないと判断される場合には、硬化療法(静脈瘤に薬剤を注入して固めてしまう方法)を検討します。

 

 

静脈瘤かな?と思ったら、一度、ご相談ください。